黒い過去

137: 名無しさん@おーぷん 2015/12/26(土)22:30:28 ID:6xV
昔から他人が好意を寄せいる人にちょっかいをかけたくなる事
付き合っている人達には何もしない
でも「私、あの人が好きなんだ」って周りに牽制をかけている子だけを狙ってやる
高校の時は自分の嫌いな上級生が好きだと公言していた23歳の新卒の先生
先輩が見ている反対側の校舎で先生とキスして見せつけた
初めて入った会社でも厚化粧な先輩が「私が狙っているんだから!」って言ってた取引先の営業マン
先輩行きつけのバーで2人で飲みに行って見せつけるようにキスした
次の会社でも同僚が狙ってた他部署の人を落として満足して即捨てした
同じ会社でまたも別部署の美人さんが狙っていた係長
飲み会で酔ったふりしてお手洗いに続く廊下で美人さんが出てくるタイミングでキス

これみんなキス止まりで身体は許していない
遊びに身体は使いたくない
ショック受けた顔を見るのが楽しかっただけだからね
あの女性達の絶望した顔を思い出すと今でも薄ら笑いが出る
我ながら性格悪いと思う 

【あの女性達の絶望した顔を思い出すと今でも薄ら笑いが出る】の続きを読む

79: 名無しさん@おーぷん 2015/12/16(水)23:28:08 ID:QHu
うつ病で同居の我が家に引きこもった義理姉に毎日「生きてるだけで迷惑」「くせーよ病人」「なんで生きてるの?」と言い続け自殺未遂させたこと
結婚前にさんざん「弟に釣り合わないブス」「貧乏父子家庭なんでしょ?千円あげるから別れて?」と義理姉の仲間に囲まれて言われたことが許せなかった
まあ精神病になってその仲間達に速攻縁切られたらしいけど
自殺未遂でショックを受けたか弱い嫁を演じて別居になったし、本当に死んでくれてたらもっと良かったのにな

【「貧乏父子家庭なんでしょ?千円あげるから別れて?」】の続きを読む

115: 名無しさん@おーぷん 2015/12/21(月)16:26:03 ID:ehL
旦那に死んでもらって保険金でやり直したことかなあ。
もちろん殺人とかじゃないですよ。
旦那の意思で自殺です。
でも追込みは相当かけた。死ぬ前はもう何が何だかわからなかったんじゃないかと思う。
元はと言えば、旦那の不倫に始まるんだけど、
家にあるお金をありったけ持って行って女に貢いでた。
まあ私の管理も甘かったのかもしれないけど、信用してたからそんなことしてるなんて考えもしなかった。
でも旦那が事故を起こして同乗してた女が半身不随の大けがを負ってしまった。
彼女に支払ったお金は保険でおりたし旦那のけがも保険で何とかなったけど、
会社を首になって、家のお金を彼女に貢いでたせいでもうボロボロ。
ちょうど子供の進学のお金も旦那が貢いでしまっていたので、
毎日のように死んで私たちを助けてくれってお願いした。
最初のうちは泣いては私に謝ってたけど、だんだんそういう事もなくなってきて話さなくなってきた。
たぶん私の追い込みがあまりにひどくて鬱になってたんじゃないかな?
でも子供を進学させてやりたいし、旦那にも女にもこれっぽちもかわいそうって言持ちが
わかなくてもとはと言えばこいつらのせいで、ってずっと思ってたから、
早く死んでくれないと子供が学校に行けないじゃんとか、これからの生活費をどうしようとか、
とにかくお金で頭がいっぱいいっぱいになってたのもあるし、
全然追い込みかけるのが悪いなんて思わなかった。
結局旦那は病院に行く途中の駅の階段から転落して死んだんだけど、
たぶんわざと階段から落ちたんだと思う。
悪いことしたなって思うこともあるんだけど、今は子供も独立して
私も再婚して結構幸せ。だから死んでくれた旦那には感謝してるんだよね。
この間百貨店で不倫相手を見かけたけど、私より一回り以上年下なのに、
わたしより老けて見えた。ただの似てる人だったのかもしれないけど。
全然彼女のことをかわいそうだと思わなかった自分に驚いてる。
子供は旦那は事故死だと今でも思ってるし、不倫中の事故だとは知らない。
今の旦那も事故で旦那が死んだと思ってる。
私が追い込みかけたなんて死んでも言えない。
【旦那に死んでもらって保険金でやり直した】の続きを読む

121: 名無しさん@おーぷん 2015/12/22(火)01:55:49 ID:1Jy
旦那との馴れ初め。

当時、通っていた整骨院の先生とお近づきになりたくて、先生が行きつけにしている喫茶店に通ってた。
下心があると上手くいかないもので、その喫茶店で先生と遭遇することはなく
無駄に店主&スタッフ&常連とばかり仲良くなっていった。
そうやって半年くらい無駄に通ってたら、常連客にデザイナーがいると小耳に挟んだ。
その人は、誰もが知ってる有名メーカーのデザインもしたことがあるらしい。
当然稼ぎも良い。しかも独身らしい。更に近々独立する予定だとか。
ドルオタで、乃木坂の○○ちゃんが好き等軽く情報収集した。

そんな話をした約1月後、偶然そのデザイナーさんとご一緒することになった。
Facebookで顔を確認してたから、すぐに彼がデザイナーと分かったけど知らん顔。
簡単な自己紹介(名前と年齢、常連歴と来店のきっかけ)をしたあと雑談。
「彼氏いないんですよ~」
と言うと、彼は名刺を差し出した。やっぱりデザイナーだった。
それから手掛けた作品を見せられ、知ってたけど
「えー!?これ、○○さんがデザインされたんですか!?これも!?すごーい!」
と耳障りの良い言葉を浴びせたあと
「ありがとうございました!」
と笑顔で名刺を返した。「えっ!?」となる彼。
「え、名刺も見せてくれただけじゃないんですか?」
と聞くと「イヤイヤ…」と苦笑いする彼。
「あ、いただいていいんですか?ありがとうございます!」
と名刺を受け取り、世間話を開始。
その後も他の常連客と同じように接していたら、彼から色々誘われるようになった。
「いいですね、じゃあ○○さんとかも誘って…」
とあくまで彼に興味ないふりをし、でも話は彼の趣味に合わせて仲良くなっていった。

現在彼と結婚して2年。
今でこそ旦那のこと大好きだけど、付き合い始めた頃は単なる財布としか思ってなかったし
そもそも整骨院の先生のことが好きだった。
正直言うと、託卵を目論んでた。 

【【黒い過去】付き合い始めた頃は単なる財布としか思ってなかった】の続きを読む

82: 名無しさん@おーぷん 2015/12/17(木)13:10:52 ID:8BW
難病になった元旦那を棄てたこと。
しんどそうにしていても労おうとも思わなかったし離婚に迷いなんてなかった。
理由はどうあれ現旦那には絶対言えない。
墓場まで持っていく。 

【【黒い過去】難病になった元旦那を棄てた】の続きを読む

このページのトップヘ